Google、「Google アシスタント」に新しい音声を追加

本日、Googleが、「Google アシスタント」において、日本語を含めた9つの言語向けに新しい“声”を追加することを発表しました。

対象となる言語は、日本語、ドイツ語、フランス語、オランダ語、ノルウェー語、イタリア語、韓国語、イギリス英語、インド英語で、今週から順次利用できるようになる新しい音声では、DeepMindの最先端テクノロジーである「WaveNet」が使われており、聴き取りやすい自然なトーンとイントネーションでアシスタントとの会話を楽しむことが可能とのこと。

なお、アシスタントの音声を変更するには、「Google アシスタント」アプリの [設定] 画面から、[アシスタントの音声] を選択することで可能で、ユーザーは性別ではなく色分けで表示された音声から、自分のお気に入りの“声”を選択することが可能です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。