Amazon、メディアストリーミング端末「Fire TV Cube (第2世代)」を発表 − 国内でも11月5日に発売へ

本日、Amazonが、メディアストリーミング端末「Fire TV Cube」(第2世代)を11月5日に国内でも発売することを発表しました。

本体にはヘキサコアプロセッサを搭載し、Dolby Visionや最大60fpsの4K UHDメディアに対応するほか、サウンドではDolby Atmosに対応しており、対応する映像サービスはPrime Video、Netflix、Hulu、DAZN、FOD、AbemaTV、Tver、YouTubeとなっています。

また、本体には8つのマイクアレイを搭載しており、ビームフォーミング技術を使用した遠隔音声認識機能によって、残響音や再生しているコンテンツの音、他人の話し声などを判別し、雑音の中でもAlexaが応答できるそうで、音声から視聴をコントロールすることが可能です。

さらに、Alexaに話しかけるだけでテレビの電源オン・オフ、音量操作をはじめ、各種アプリの起動や対応コンテンツを音声で操作することも可能。

なお、価格は14,980円(税込)で、本日より予約受付が開始されています。

Fire TV Cube – Amazon

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。