iFixit、「MacBook Pro 13インチ」の新しいエントリーモデルの分解レポートを公開

iFixitが、先日に発売されたばかりの「MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 ports)」の分解レポートを公開しています。

前モデルとの違いは、バッテリーが大型化され、容量が54.5Whから58.2Whに増加している他、Touch BarとTouch IDのスペース確保の為、ヒートパイプが小型化され、スピーカーも前モデルと比べると小さくなっているそうです。

また、RAMはSamsung製、フラッシュストレージは東芝製となっており、修理し易さを示すスコアは10点満点中2点とほぼ修理不可能との評価で、その理由としては、独自のペンタローブネジが採用されていることやバッテリーアセンブリが強力に接着されていること、RAMやSSDがはんだ付けされていることが挙げられています。

MacBook Pro 13″ Two Thunderbolt Ports 2019 Teardown – iFixit
MacBook Pro – Apple

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。