IIJmio、「iPhone XS」などで利用出来るeSIMサービスを7月18日より開始へ

本日、IIJが、コンシューマー向けモバイル通信サービス「IIJmio」にて、eSIM対応のデータ通信サービス「IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIMベータ版)」を7月18日に提供すると発表しました。

SIMロックフリー端末で利用できるeSIM対応の通信サービスは国内初で、eSIMは物理的なSIMカードを抜き差しせずに、通信サービスの利用に必要なプロファイルを遠隔で書き込める組み込み型のSIMで、今後普及が加速すると期待されており、ユーザーは従来のようにSIMカードを挿入することなく、eSIMを搭載したスマートフォンやタブレット等にプロファイルをダウンロードするだけで、手軽に通信キャリアを切り替えることが可能です。

動作確認済端末は、「Surface Pro LTE Advanced」「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」「iPad Pro 11インチ」「iPad Pro 12.9インチ (第3世代)」「iPad Air(第3世代)」「iPad mini(第5世代)」で、利用料金は初期費用が3000円、月額利用料金が1520円、SIM発行手数料が200円。利用できるデータ容量は6GB/月で、翌月に繰り越しも可能。

ただ、音声通話とSMSには対応していないため、注意が必要です。

また同時に、初期費用から2999円を値引きするキャンペーンや利用開始の翌月から3カ月間、1GGBのデータ容量をプレゼントするキャンペーンも実施されます。

IIJmio
ニュースリリース