Googleの新たなスマートホームデバイスがFCCを通過 − バッテリー内蔵で持ち運び可能なデバイスか

DroidLifeによると、Googleの新たなスマートホームデバイスと思われる製品がFCC(米連邦通信委員会)を通過したことが分かりました。

その製品の名称は「メディアデバイス」というダミーの名称が付けられ、モデル番号は「H2B」となっており、これまでに発表されている製品のモデル番号は「Google Home Mini」は”H0A”、「Google Home Max」は”H0B”、「Home Hub(Nest Hub)」は”H1A”、「Nest Hub Max」は”H2A”といったモデル番号であることから、「H2B」は何らかのHome/Nestデバイスであることが分かります。

また、このデバイスの特徴としては、リチウムイオン電池を搭載していることで、持ち運び可能なデバイスではないかとみられています。

さらに、「Home Hub(Nest Hub)」と「Nest Hub Max」はFCCでは「ビデオストリーミングデバイス」で登録されているものの、今回のデバイスは「メディアデバイス」となっていることから、ディスプレイも搭載されていないのではないかとみられています。

一体どのようなデバイスなのかはまだ分かりませんが、10月に次期「Pixel」と共に発表されるのではないかと予想されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。