ジャパンディスプレイ、Appleに対し「Apple Watch」向け有機ELを供給開始

中国のIT情報メディアの芯智訊が、消息筋の話として、ジャパンディスプレイは既に米Apple向けに有機ELディスプレイを供給しているようだと報じています。

ジャパンディスプレイは、少数であるものの「Apple Watch」向けの有機ELディスプレイをAppleに供給しているようで、「Apple Watch」向けの有機ELディスプレイのサプライヤーはLG Displayとジャパンディスプレイの2社体制となった模様。

「Apple Watch Series 4」からはLTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide)という技術を使用した有機ELディスプレイ(LTPO TFT OLED)が採用されており、LTPO TFT OLEDの特徴としては、消費電力が下がり、バッテリー駆動時間を延ばすことが可能。

情報筋によると、ジャパンディスプレイのLTPO TFT OLEDはLG Displayの同製品よりもパフォーマンスが優れているようで、Appleはジャパンディスプレイ製のLTPO TFT OLEDの採用を拡大するために、ジャパンディスプレイに対し少しでも早く量産することを要求しているとのことで、Appleとしては7月に量産出来るようになるよう要望しているようです。

[via EMSOne

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。