「watchOS 5.2.1」、プライドの文字盤を刷新 − 「プライドアナログ」と「プライドデジタル2019」が利用可能に

本日、「watchOS 5.2.1」が正式にリリースされましたが、この「watchOS 5.2.1」では新たに「プライドデジタル」と「プライドアナログ」の文字盤を追加しています。

「プライドデジタル」は以前より提供されていたプライドの文字盤を刷新したもので、デザインが変更された”プライドデジタル2019″が新たに追加されている他、従来のプライド文字盤は”プライドデジタル2018″として残っています。

また、「プライドアナログ」は、プライド文字盤のアナログ時計版であり、レインボーカラーの文字盤を円形とフルスクリーンから選択可能で、これらプライドシリーズの文字盤は画面をタップしたり、Digital Crownを回転させることで波打つようなアニメーションが特徴となっています。

[via MacRumors