「MacBook Air (2018)」のディスプレイの輝度、「macOS 10.14.4」で最大100ニト向上

Appleは3月下旬にリリースした「macOS 10.14.4」で「MacBook Air (2018)」のデフォルトの画面の明るさを修正したことを案内していましたが、MacRumorsによると、「MacBook Air (2018)」を「macOS 10.14.4」にアップデートすると、ディスプレイの輝度は最大300ニトから最大400ニトへと向上することが分かりました。

Appleは「macOS 10.14.4」のアップデートで、実際に輝度がどの程度修正されたのかは明らかにしていませんでしたが、アップデート後では最大100ニト明るくなっており、Appleの公式サイトでもディスプレイの輝度の仕様は300ニトから400ニトへと変更されています。

なお、「MacBook Air (2018)」のディスプレイの輝度は、海外サイトのテストではバラツキがあることが確認されていましたが、「macOS 10.14.4」でこの問題に対応したものと考えられます。

MacBook Air – Apple

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。