KDDI、iPhone向けに海外データ通信用eSIMサービスを提供開始へ

KDDIが、デュアルSIMに対応した「iPhone」を利用中のユーザーが北米などへ渡航した際に2回線目として現地データ通信が利用できる国内通信事業者初のサービス「海外データeSIM powered by GigSky」の提供を2019年4月17日より開始することを発表しました。

本サービスは、世界中でトラベルSIM事業を展開するGigSkyが運営し、そのプラットフォームを活用することで提供され、専用アプリで事前に利用する期間とデータ量を決めてプラン購入できるため、簡単かつ安心に利用することが可能です。

対象の端末は、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの3機種で、対象地域はアメリカ (本土、ハワイ、アラスカ)、カナダ、メキシコ、プエルトリコ、米領ヴァージン諸島となっています。

また、料金は30日プラン/5GBが5,800円、30日プラン/8GBが8,900円となっています。

利用方法としては、App Storeより「海外データeSIM」アプリをダウンロードし、アプリからアカウントの作成、支払方法の設定、プラン購入を行い、eSIM情報をダウンロードし、対象地域に到着後、現地ネットワークへの接続により自動で利用開始となります。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。