モバイルSuica、今年9月をもって「銀行チャージ」のサービスを終了へ

本日、JR東日本の交通系電子マネーである「モバイルSuica」が、2019年9月をもって銀行チャージ(銀行口座からの入金(チャージ))のサービス提供を終了すると案内しています。

銀行チャージは、Androidスマートフォン端末およびケータイ(フィーチャーフォン)を利用の会員向けにチャージの決済方法の一つとして提供されてきましたが、利用状況を踏まえ、取り扱いを終了するとのこと。

終了日時は銀行によって異なり、三菱UFJ銀行は2019年7月24日午前1時、みずほ銀行・じぶん銀行は2019年9月25日午前0時をもって終了します。

なお、サービス終了後は、クレジットカード決済もしくは現金によるチャージを推奨しており、現金によるチャージは、コンビニエンスストアや一部の駅に設置してあるモバイルSuica対応のチャージ専用機で利用可能で、サービス終了日以前に銀行チャージをしたユーザーは、決済日から1年以内に「Suicaポケット一覧」から受取りを完了するよう注意を促しています。

銀行チャージのサービス提供の終了について – モバイルSuica

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。