Apple Musicの有料会員数、米国でSpotifyを逆転か

本日、ウォールストリートジャーナルが、関係者の話として、米国でApple Musicの有料会員数がSpotifyを上回ったようだと報じています。

世界最大の音楽市場である米国で、Apple Musicの会員数は月当たり約2.6〜3%増加しているものの、Spotifyは同1.2〜2%に留まっており、2月の時点での有料会員数はApple Musicは2,800万人以上だったのに対し、Spotifyは2,600万人と、Apple Musicが上回ったそうです。

ただ、両社とも地域別の有料会員数を公表しておらず、無料会員数を含めると、まだSpotifyの方がユーザー数は多いそうです。

また、世界全体でのユーザー数もまだまだSpotifyの方がApple Musicを大きく上回っており、Spotifyの全世界でのアクティブユーザー数は昨年12月の時点で2億700万人で、有料会員数は9,600万人と言われており、Apple Musicの有料会員数は昨年11月の時点で5,600万人とされています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。