「Google Pixel 3a」シリーズの一部仕様が確認される

Googleは「Pixel 3」シリーズの廉価版とされる「Pixel 3a」シリーズを準備していると噂されていますが、9To5Googleによると、Android向けアプリの管理ツール「Google Play Console」から「Pixel 3a」シリーズの一部仕様が明らかになったことが分かりました。

「Google Play Console」では、開発者向けにスマホやタブレットの詳細な仕様が提供されているのですが、最近になって「Pixel 3a」シリーズのコードネームと言われている「bonito」と「sargo」の2つのデバイスの情報が追加されたそうです。

両モデルともOSはAndroid 9、RAMは3840MB(4GB)で、ディスプレイの仕様から「sargo」が「Pixel 3a」、「bonito」が「Pixel 3a XL」とみられ、「Pixel 3a」は5.6インチのディスプレイ(2220×1080ピクセル/440DPI)、「Pixel 3a XL」は6インチのディスプレイ(2160×1080ピクセル/400DPI)を搭載している模様。


また、システム機能の項目に記載されている”PIXEL_2019_MIDYEAR_EXPERIENCE.”という一文から、2019年の中頃、遅くとも10月までには発売されるものとみられています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。