「Pixel 3」の廉価版である「Pixel 3a」シリーズの一部詳細が明らかに

Googleは「Pixel 3」シリーズの廉価版である「Pixel 3a」シリーズを準備中と噂されていますが、本日、9To5Googleが、信頼出来る情報筋から入手したという「Pixel 3a」シリーズに関する情報を報じています。

同サイトによると、「Pixel 3」の廉価版の名称は「Pixel 3 Lite」と呼ばれていた時期もありましたが、正式名は「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」になり、カラーバリエーションはクリアホワイトとブラックに加え、3色目が用意される可能性があるとのこと。

仕様については、「Pixel 3a」は5.6インチの有機ELディスプレイ(440ppi/2220×1080ピクセル)で、Snapdragon 670や4GBのRAM、800万画素フロントカメラ、1200万画素リアカメラを搭載し、バッテリー容量は3000mAhになるとのことで、「Pixel 3a XL」の方の詳細は分かっていないものの、6インチのディスプレイを搭載する模様。

また、「Pixel 3」シリーズと同様にボディのサイドを握ることで特定の機能を起動できる「アクティブエッジ」機能やセキュリティチップの「Titan M」も搭載され、eSIMが採用され、ストレージ容量は両モデルとも64GBになると言われています。

なお、発売時に関する明確な情報はまだないものの、発売が迫っていることは確かなようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。