ソフトバンク、新型iPad Airと新型iPad miniを発売へ - 機種代金も発表

本日、ソフトバンクが、10.5インチの新型「iPad Air」と7.9インチの新型「iPad mini」を発売することを発表しました。

発売に先立ち、“ソフトバンク”のiPad取扱店およびソフトバンクオンラインショップ
で、3月20日午前10時から予約受付を開始し、発売日は決まり次第改めて案内するとのこと。

また同時に機種代金も発表しており、新型「iPad Air」はWi-Fiモデルが59,184円(税込)から、Wi-Fi+Cellularモデルが単体の場合で実質12,960円(税込)からとなっています。

新型「iPad mini」は、Wi-Fiモデルが49,464円(税込)から、Wi-Fi+Cellularモデルが単体の場合で実質5,040円(税込)からとなっています。

なお、詳細は下記をご覧下さい。

ニュースリリース
新しいiPad mini・iPad Air の価格について(PDF)
ソフトバンクオンラインショップ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。