Anker、進化した小型ポータブル電源「Anker PowerHouse 200」を発売 − 初回200個限定で20%オフ

本日、Ankerが、自宅のコンセントを持ち運ぶような感覚で使える小型のポータブル電源「Anker PowerHouse 200」を発売しました。

「Anker PowerHouse 200」は、アウトドアレジャーの盛り上がりや災害対策への意識の高まりを背景とし、昨年秋より人気が続いている「Anker PowerHouse」の実用性はそのままに、持ち運びやすさと使いやすさを追求した ポータブル電源の小型化&進化モデルとなっています。

重さは約2.7kgの軽量設計ながら、57600mAhの超大容量バッテリーを搭載すると共に、シガーソケット(DC12V 出力)/ AC 電源(100W出力)/ USB Type-A/ USB Type-Cという4種類の充電ポートを備え、MacBookを3回以上、スマートフォンを約15回、ミニ冷蔵庫のような小型の電化製品なら連続で4時間以上使用することが可能です。

なお、価格は39,800円(税込)ですが、初回200個限定で20%オフの31,840円(税込)で販売されています。

Anker PowerHouse 200 – Amazon

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。