Microsoft、新しい「Office」アプリを全ての「Windows 10」ユーザーに提供開始

本日、米Microsoftが、新しい「Office」アプリの一般向けへの提供開始を発表しました。

本日提供が開始された「Office」アプリは、これまで提供されていた「My Office」アプリに代わる新しいハブツールで、各種「Office」ツールやドキュメント、チュートリアル、ヘルプへのアクセスが1つのアプリにまとめられているのが特徴です。

【追記】
記事公開後に無料の「Office」と勘違いされている方が多いので補足しておきますが、同アプリはあくまでインストール済みの各種Officeアプリを起動したり、ファイルをまとめて検索したり、各アプリのインストールやチュートリアルの閲覧などが行えるハブツールであり、「Office」の全アプリが無料で利用可能なアプリではありません。

また、無償の「Office Online」のユーザーも同アプリを利用可能ですが、あくまで「Office Online」の無料で利用出来る範囲の機能しか利用出来ません。

なお、価格は無償で、対応OSはWindows 10で、Microsoft Storeよりダウンロード可能です。
(順次提供開始の為、ダウンロードが可能になるまでに少し時間がかかるかもしれません)

ニュースリリース
My Office – Microsoft Store

[via 窓の杜

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。