Anker、コンパクトな大容量モバイルバッテリー「PowerCore 10000 Redux」を発売 − 初回1,000個限定で20%オフに

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

本日、Ankerが、コンパクトサイズの大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 Redux」を発売しました。

Anker、コンパクトな大容量モバイルバッテリー「PowerCore 10000 Redux」を発売 − 初回1,000個限定で20%オフに

本製品は、その名の「Redux (帰ってきた) 」に表される通り、サイズ・バッテリー容量・価格のバランスの良さと 実用性の高さから不動の人気を誇る10000mAhのモバイルバッテリーにAnkerが改めて向き合った意欲作とのことで、サイズとフォルムに着目し、本体の縦幅を「Anker PowerCore 10000」より15%ほど 細い約52mmに抑え、人間工学に基づいた吸い付くような曲線デザインと滑りにくいストライプメッシュ加工 を採用することで、女性やお子様でもしっかりとしたグリップ感を実感できる「究極の持ちやすさ」を実現している。

10,000mAhという容量なので、iPhone XSは約2.6回、Galaxy S9は約2.3回、iPad Pro (2018,11 インチ)は約1回の満充電が可能で、独自の急速充電テクノロジーであるPowerIQとVoltageBoostにより、ほとんどのUSB機器に対して最適なスピードで充電することが可能です。

また、独自の多重保護システムや最先端の電気自動車メーカーも使用している長寿命バッテリーセルを採用している他、イヤホン等の小型電子機器やウェアラブル機器に最適な電流で安全に充電できる「低電流モード」が用意されています。

なお、通常価格は3,299円(税込)ですが、発売を記念して1,000個限定で20%オフの2,639円(税込)で販売されています。

Anker PowerCore 10000 Redux – Amazon

googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次