米Intel、モバイル向け第9世代Coreプロセッサを今年第2四半期に投入へ

本日、米Intelが、モバイル向けの第9世代Coreプロセッサを2019年第2四半期(4〜6月)に投入することを発表しました。

ラインアップの詳細は明らかにされなかったものの、Core i5、Core i7、Core i9が用意される予定で、「MacBook Pro」シリーズの次期モデルチェンジもこのプロセッサの投入に合わせて夏頃になるものと予想されます。

また同時に、デスクトップ向け第9世代Coreプロセッサについても、今月に新たに6種類の製品を追加することを発表しており、追加されるのはCore i9-9900KF、Core i7-9700KF、Core i5-9600KF、Core i5-9400F、Core i5-9400、Core i3-9350KFの6製品で、型番にあるFは内蔵GPUが非搭載のモデルとなっています。

さらに、10nmプロセスで製造される次世代主力製品「Ice Lake」を搭載したデバイスは2019年末までに発売されることも発表されました。

[via The Verge/Windows Central

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。