「Windows 10」が「Windows 7」を上回る ー Windowsのバージョン別シェア

「Windows 10」が正式にリリースされてから約3年半が経ちましたが、ようやく「Windows 10」のシェアが「Windows 7」を上回ったことが分かりました。

Net Applicationsによると、2018年12月の「Windows」のバージョン別シェアで、「Windows 10」のシェアが39.22%、「Windows 7」のシェアが36.90%となり、初めて「Windows 10」が「Windows 7」を上回りました。

これらシェアのデータは統計を取っている会社により数値が大きく違うのですが、別の著名な統計サイトであるStatCounterでは、2018年1月の時点で「Windows 10」は「Windows 7」のシェアを上回っており、各種シェア情報で有名な両サイトで同様の状況となったことから、「Windows 10」のシェアが「Windows 7」を上回ったとみても良いのではないでしょうか。

[via The Verge

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。