「Google ハングアウト」、サービス終了ではなく「ハングアウトChat」と「ハングアウトMeet」に分割へ

先日、Googleの統合メッセージングサービス「Google ハングアウト」は2020年にサービスを終了するとの情報がありましたが、その後、Googleの同サービスの責任者であるスコット・ジョンストン氏がこの報道に反論し、ハングアウトは終了するのではなく、エンタープライズ版と同様に「ハングアウトChat」と「ハングアウトMeet」に分割する計画であることを明らかにしました。

「ハングアウトChat」と「ハングアウトMeet」は、エンタープライズ版「G Suite」のサービスとして提供されており、「ハングアウトChat」はルームを作って会話できるチャットアプリで、「ハングアウトMeet」は100人までが参加できるビデオ会議アプリとなっています。

同氏曰く、時期はまだ未定なものの、一般向けのハングアウトはこの2つに分割される予定とのことで、「Google ハングアウト」のユーザーはどちらかのサービスに移行する必要があります。

[via ITmedia

スポンサーリンク