「Google Glass Enterprise Edition 2」がFCCを通過

Googleのメガネ型ウェアラブルデバイス「Google Glass」といえば、昨年夏に企業向けの「Google Glass Enterprise Edition」が発表され、様々な業界で働く従業員を支援するのに役立つ端末として販売されてきましたが、本日、その新モデルである「Google Glass Enterprise Edition 2」がFCC(米連邦通信委員会)の認証を通過したことが分かりました。

「Google Glass Enterprise Edition 2」という名称からも引き続き企業向けといった位置づけに変わりはなく、公開された資料から、デザインにも大きな変更はない模様。

公開された資料からハードウェア面での変更などの詳細は分からないものの、近いうちに正式に発表されるものとみられています。

なお、昨年の夏の発表以来、「Google Glass Enterprise Edition」はDHLやフォルクスワーゲン、Samsung、GEなどで使用されており、企業向けとしては一定の顧客の獲得に成功しているようです。

[via MySmartPrice