スマートロック「Qrio Lock」が「Google アシスタント」に対応 − 今後、「Amazon Alexa」や「LINE Clova」にも対応へ

本日、スマートロックの『Qrio Lock』が「Google アシスタント」に対応しました。

Google アシスタントへの対応により、「自宅(スマートロックの名前)の鍵を締めて」とスマートスピーカーやスマートフォンに話しかけるだけで、『Qrio Lock』を通じて自宅の鍵を施錠できるようになる他、ドアロックの状態確認機能にも対応しており、玄関まで行くことなく解施錠状態を確認することができます。

また、今後「Amazon Alexa」や「LINE Clova」にも順次対応することも発表されました。

なお、Google アシスタント対応デバイスからのQrio Lock音声操作には、別売りのQrio Hub(Qrio Lock拡張デバイス)が必要となっており、利用開始手順や話し方の内容などは下記リンク先をご覧下さい。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。