Apple、「watchOS 5.1」の配信を停止 − アップデート時に動作しなくなる問題が要因か

本日リリースされた「WatchOS 5.1」へアップデート時に一部ユーザーから「Apple Watch」が動かなくなる不具合が報告されていますが、Appleが「watchOS 5.1」の配信を停止したことが分かりました。

同問題は「WatchOS 5.1」にアップデートする際に「Apple Watch」が文鎮化(動かなくなる)する問題で、現時点で解決方法がなく、Appleに本体を交換して貰うしかないのが現状です。

発生頻度や条件は不明ですが、既に問題に遭遇してしまったユーザーはAppleのサポートに連絡することをオススメします。

【訂正】
同問題が発生するタイミングはアップデート時でしたので、訂正致しました。
既にアップデートを行い、動作しているユーザーは問題ありません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。