「watchOS 5.1」へアップデート時に「Apple Watch」が動かなくなる問題が一部で発生

本日、「watchOS 5.1」が正式にリリースされましたが、9To5Macによると、ごく一部のユーザーで「watchOS 5.1」にアップデートする際に「Apple Watch」が動かなくなる問題が報告されていることが分かりました。

この問題に遭遇するとAppleロゴの画面で固まり、再起動などをしても問題は解決されず、Appleに交換して貰うしかないようです。

現時点でAppleは問題を認めておらず、気になる方はアップデートを様子見した方が良いかもしれません。

【訂正】
同問題が発生するタイミングはアップデート時でしたので、訂正致しました。
既にアップデートを行い、動作しているユーザーは問題ありません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。