Anker、Bluetooth 4.1対応の「Anker Roav Bluetooth レシーバー B2」を発売 − 先着300個限定で500円オフ

本日、Ankerが、Bluetooth 4.1に対応した「Anker Roav Bluetooth レシーバー B2」を発売しました。

「Anker Roav Bluetooth レシーバー B2」は、カーステレオ等のBluetooth非対応デバイスのワイヤレス接続をサポートし、スマートフォンやタブレット等からお気に入りの音楽を再生したり、ハンズフリー通話を可能にするBluetoothレシーバー(受信機)で、英CSR社製の高品質なBluetoothチップセットを採用し、クリアな音質を追求すると共に、エコー抑制とCVCノイズキャンセリング技術により雑音を最小限に抑え、快適なハンズフリー通話を実現しています。

また、デザイン性と優れた操作性を両立するため、目に留まりやすく押しやすい大きめの多機能ボタンが製品中央に配置されており、ペアリングや音楽の再生/停止、通話の開始/拒否を直感的なタップ操作で簡単に切り替えることができる他、青色のLEDインジケータで電源のON/OFFやペアリング状況が確認できるため、操作時に煩わしさを感じることなく気軽に車内環境を整えることが可能です。

なお、通常価格は2,499円(税込)ですが、発売を記念し、先着300個限定で500円オフの1,999円(税込)で販売されています。

Anker Roav Bluetooth レシーバー B2 – Amazon

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。