米Intel、第9世代Coreプロセッサのデスクトップ向けモデル「Coffee Lake Refresh-S」を発表

米Intelが、第9世代Coreプロセッサのデスクトップ向けモデル(開発コードネーム:Coffee Lake Refresh-S)を正式に発表しました。

発表されたのは「Core i9-9900K」、「Core i7-9700K」、「Core i5-9600K」のオーバークロック対応モデルで、最上位の「Core i9-9900K」は8コア/16スレッドに」対応し、動作周波数は3.6GHzで、ターボブースト時は5GHzに達します。

「Core i9-9900K」を搭載した際のパフォーマンスは、第8世代Coreプロセッサの「Core i7-8700K」との比較で最大15%、第6世代Coreプロセッサの「Core i7-6700K」との比較では最大40%向上するとのこと。

また、多くの人気ゲームにおいても10%〜37%FPSが向上するとのことで、同プロセッサに対応し、USB 3.1 Gen 2やIntel Wireless-ACを統合したチップセット「Intel Z390」も同時に発表されています。

なお、各モデルの詳細は下記画像の通りで、現地時間の10月8日から予約の受け付けを開始し、10月19日に発売されます。

ニュースリリース(英語)

iPhone XS/XS Maxの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。