フォーカルポイント、「TUNEWEAR USB-C to Mini DisplayPort 変換アダプタ」を発売

本日、フォーカルポイントが、自社製品ブランド「TUNEWEAR」から最大4K(3840×2160, 60Hz)に対応し、USB-Cポートからの映像出力をMini DisplayPortに変換して大画面で映像が楽しめる変換アダプタ「USB-C to Mini DisplayPort 変換アダプタ」を発売しました。

「USB-C to Mini DisplayPort 変換アダプタ」は、最新のMacBookなどで採用されているUSB-Cポートからの映像出力をMini DisplayPortに変換し、最大4K/60Hzの高画質映像出力を可能にする変換アダプタで、最大10Gbpsでのデータ転送にも対応しています。

また、面倒なドライバインストールは不要で、最新のMacBookとApple LED Cinema Displayを本製品1本で接続するだけで、すぐに使い始めることが可能となっています。

アダプタ部分には、MacBookのアルミニウム筐体に完璧にマッチするように、シルバーとスペースグレイのアルミニウムが採用されているのも特徴で、ケーブルの長さは約12cmで、カラーはシルバーとスペースグレイが用意されており、価格は1,380円(税抜)になります。

なお、下記のオンラインストアより購入可能です。

フォーカルストア
Amazon
楽天市場

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。