Anker、高出力ソーラーチャージャー「Anker PowerPort Solar 60」を発売

本日、Ankerが、最先端の太陽光パネルを搭載した高出力ソーラーチャージャー「Anker PowerPort Solar 60」を発売しました。

同製品は、最先端の太陽光パネルを搭載し、効率良く太陽光を電力に変換できる高出力ソーラーチャージャーで、USBポートとDCポートを各2つずつ搭載しており、Anker PowerHouseを初め、スマートフォンからタブレット端末まであらゆる機器への充電が可能です。

また、持ち運びに便利な折り畳み式で、手で持ち運ぶことが出来る他、バックパックに取り付けることも可能で、撥水素材使用していることから突然の雨に少し濡れる位であれば問題ないそうです。

主な仕様は下記の通り。

【主な製品仕様】
・8mm DC出力:16.8V=3A
・5.5 mm DC出力:17.6V=3A
・Power IQ USB-A 出力:5V=3A (2ポート/各ポート最大2.4A)
・サイズ(パネルを開いた状態):約860x700x5mm
・サイズ(パネルを閉じた状態): 約295x170x62mm
・重さ:約1.4kg

なお、価格は19,800円となっています。

Anker PowerPort Solar 60

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。