Googleの新型「Chromecast」、Bluetooth対応だけでなくWi-Fiも強化か

今年5月、GoogleがFCC(米連邦通信委員会)に提出した資料からBluetoothに対応した新型「Chromecast」が登場する予定であることが分かっていますが、FCCが公開している資料が更新され、この新型「Chromecast」では新にWi-Fiも強化される事が分かりました。

新型「Chromecast」は2.4GHzと5GHzのWi-Fiに加え、BluetoothとBluetooth Low Energyのサポートが追加される他、Wi-Fiの5GHzアンテナのハードウェアの変更も行われ、Wi-Fi通信のパフォーマンスが向上する模様。

公開されたラベル画像(上記画像)から、形状については現行モデルから大きな変化はなく、Bluetooth Low Energyのサポートにより、リモコンやゲームコントローラーなどのアクセサリの利用が可能になる可能性があるとみられています。

なお、Googleがこの新型「Chromecast」をいつ発表するのかは不明ですが、10月と噂されている新型スマホ「Pixel 3」シリーズと共に発表されるのかもしれません。

[via 9To5Google

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。