JBL、Googleアシスタントを搭載したヘッドホン&イヤホン「EVEREST」シリーズの最新モデルを発表

本日、ハーマンインターナショナルが、オーディオブランド「JBL」から、 Google アシスタントを搭載したヘッドホン・イヤホン「EVEREST GA」シリーズを8月10日に発売すると発表しました。

「EVEREST GA」シリーズの各モデルは、イヤーカップやリモコン部への操作だけで「Google アシスタント」が有効になり、声の操作で天気情報、交通チェックなどを確認したり、Googleと連携したサービスの通知を受け取ったりすることが可能です。

また、独自のサウンドテクノロジーで開発した高性能ダイナミックドライバーの搭載により、パワフルで躍動感溢れるハイクオリティなJBLサウンドを楽しむことが出来る他、「EVEREST 710GA」は最大約25時間、「EVEREST 310GA」は最大約20時間、「EVEREST 110GA」は最大約8時間のワイヤレス再生が可能となっています。

さらに、最大2台までのデバイスを同時に接続できる「マルチポイント」機能を搭載しているので、1台のデバイスで音楽を楽しんでいる間でも、もう片方のスマートホンからの入電を受けることが可能。

「EVEREST 710GA」と「EVEREST 310GA」には、同社独自技術の「ShareMe 2.0」機能を搭載し、「EVEREST 710GA」や「EVEREST 310GA」と、メーカーを問わず他のBluetooth搭載ヘッドホンをリンクし、1つの音源を2台同時にワイヤレス再生することができ、カフェで友達と音楽や動画の音声をシェアするなど、楽しみ方が広がる機能が採用されています。

なお、価格は「EVEREST 710GA」が24,880円(税抜)、「EVEREST 310GA」が19,880円(税抜)、「EVEREST 110GA」が9,880円(税抜)となっており、本日よりAmazonで予約受付がスタートしています。

EVEREST 710GA
EVEREST 310GA
EVEREST 110GA

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。