「MacBook Pro (2018)」と前モデルとのベンチマークスコア比較 − 13/15インチともマルチコア性能が大幅アップ

Primate Labsが、先日に発売された「MacBook Pro (2018)」の「Geekbench 4」のベンチマークスコアをまとめた記事を公開しています。

記事では、「MacBook Pro (2018)」の13インチおよび15インチのCPUとGPUのベンチマークスコアがまとめられており、各ベンチマークでは前モデルである2017年モデルとの比較が行われています。

詳細は下記の通り。

15インチモデル

CPUのシングルコアとマルチコアのベンチマークスコアは下記の通りで、2017年モデルに比べ、シングルコアのスコアは12〜15%アップし、マルチコアのスコアは39〜46%アップしています。

シングルコアはCPUの動作周波数に比例し、マルチコアはコア数(4コア⇒6コア)の増加がスコアアップに繋がっています。


次に、GPU性能に関するベンチマークスコアは下記の通りで、28〜32%の性能アップとなっており、搭載されているGPUの動作周波数の向上などがパフォーマンスの向上に繋がっているとのこと。

13インチモデル

CPUのシングルコアとマルチコアのベンチマークスコアは下記の通りで、2017年モデルに比べ、シングルコアのスコアは3〜11%アップし、マルチコアのスコアは81〜86%アップしており、コア数の増加(2コア⇒4コア)などからマルチコア性能が大幅に向上し、CPU性能については15インチモデルに近づいています。


なお、Primate Labsは、今回のベンチマークテストの結果から、「MacBook Pro (2018)」は、2011年モデルで初めてクアッドコアプロセッサが搭載されて以来では最も性能の向上率が高いアップデートだとまとめています。

スポンサーリンク