KDDI、「Windows 10 April 2018 Update」の「モバイル通信プラン」に対応へ

本日、KDDIが、2018年6月21日より、必要な時に必要な分だけデータ量をチャージできるプリペイドプラン「LTEデータプリペイド」において、「Windows 10 April 2018 Update」の新サービス「モバイル通信プラン」へ対応することを発表しました。

日本国内で発売されるIntelアーキテクチャを採用したeSIM対応のAlways connected PCから対応を開始するとのことで、これにより、eSIMに対応した最新のWindows 10 PCを利用しているユーザーは、「モバイル通信プラン」からプリペイドプラン「LTEデータプリペイド」の契約が可能となり、SIMカードを別途購入することなく、日本国内においてau 4G LTEの高速データ通信が利用出来ます。

また、auスマートフォンなどとセットでおトクに利用出来る「データシェア」にも対応しており、auスマートフォンとeSIMに対応したPCの2台を利用している場合は、契約しているデータ定額サービスのデータ容量をムダなく利用出来るのも特徴です。

なお、同プランは契約事務手数料と月額基本使用料は不要で、チャージ料金は1GBごとに1,500円(税抜)となっています。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。