Yahoo! JAPAN、6月1日より古いパソコンやスマホから順次利用不能に(当ブログも)

Yahoo! JAPANが、2018年6月1日以降、インターネット通信暗号化方式「TLS1.0」および「TLS1.1」のサポートを順次終了し、古いブラウザやパソコン、スマートフォンから閲覧出来なくなることを案内しています。

「TLS1.0」および「TLS1.1」のサポート終了後は、「TLS1.2」に対応していない古いブラウザーやパソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などからYahoo! JAPANが提供する全ウェブサービス(WebAPIを含む)を利用出来なくなるとのことで、まずは2018年6月30日までに、下記のサービスが順次利用出来なくなります。
(下記以外のサービスも7月以降に順次、TLS 1.0/1.1のサポートを打ち切る予定)

  • ヤフオク!アプリ
  • ヤフオク!における入札
  • Yahoo!ショッピングアプリ(Android版)からヤフオク!商品への入札
  • Yahoo!ショッピングアプリ(Android版)商品ページ、注文履歴の「注文に進む」ボタン 
  • (※カートに入れて購入することは可能)

  • Yahoo!ウォレットにおけるクレジットカード登録/登録情報の更新、参照
  • Yahoo!ウォレットにおける銀行口座の登録/登録情報の更新、参照
  • Yahoo!かんたん決済を使ったお支払い
  • Yahoo!公金支払い
  • Yahoo! toto
  • Yahoo!パートナー
  • Yahoo!パートナーアプリ

TLSとは、ウェブサイトとそれを閲覧するユーザーの間の通信を暗号化することで、第三者による通信の盗聴や改ざんを防ぐための仕組みで、「TLS1.2」は「TLS1.0」「TLS1.1」に比べ、より強固な仕組みを使っており、今後もより安全にウェブサービスを利用して貰うために「TLS1.0」および「TLS1.1」を無効化し、「TLS1.2以上」をサポート対象とするそうです。

自身が利用しているブラウザやパソコン、スマートフォンが「TLS1.2」に対応しているかどうかは、こちらのサイトで確認できる他、影響を受ける主な環境は下記の通り。

[PC]
・Internet Explorer 10.0以前
・Mac OS X 10.8以前のSafari
・Google Chrome 29以前
・Firefox 26以前

[スマートフォン]
・Android 4.4以前の標準ウェブブラウザ
・iOS 4以前の標準ウェブブラウザ
・Google Chrome 29以前
・Firefox 26以前

[フィーチャーフォン]
・すべての環境で影響を受けます

なお、当ブログについても利用しているサーバー会社(WpX)が同様の対応を行う予定で、6月12日より「TLS 1.2」に未対応の環境からは順次アクセス出来なくなる予定です。

Yahoo! JAPAN セキュリティセンター
【重要】「phpMyAdmin」「お客様が運用中のWebサイト」における TLS1.0/1.1 の無効化について – WpX

[via InternetWatch

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。