Anker、Android搭載モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」を発売

本日、Ankerが、Android搭載モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」を発売しました。

本製品は、昨年秋に米国のクラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて、約4,700人の支援者から1.4億円以上の支援金を集めた同社グループ初のスマートエンターテインメント・デバイスで、350ml缶サイズのコンパクトボディに、テキサス・インスツルメンツ社による先進的なDLPテクノロジーのIntelliBrightアルゴリズムを採用し、100ANSIルーメンの明るさでPCやスマートフォン、タブレット等から最大100インチの映像を投影できます。

また、Andorid 7.1が搭載されているため、YoutubeやAmazonプライム・ビデオ、Netflix等から動画コンテンツを直接映し出して、約3時間連続で鑑賞することができ、360°スピーカーを搭載し、あらゆる方向へパワフルなサウンドを提供することが可能。

なお、充電時間は約2.5時間で、動画再生時のバッテリー駆動時間は最大約4時間となっており、価格は39,800円(税込)になります。

Anker Nebula Capsule – Amazon

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。