米Intel、10nmプロセスを採用した次世代CPU「Cannon Lake」シリーズ初のモデルを発表

米Intelが、10nmプロセスを採用した次世代CPU「Cannon Lake」シリーズ初のモデルの情報を公開しました。

発表されたのはUシリーズの「Core i3-8121U」で、先日にLenovoが中国で同CPUを搭載したノートPCを発表し、話題になっていたモデルです。

「Core i3-8121U」のスペックの詳細は下記の通りで、内蔵グラフィックスであるiGPUに関する情報がないのが特徴で、前モデルである「Core i3 8130U」(KabyLake)との違いは動作周波数、対応メモリなどとなっています。

 コア数/スレッド数動作周波数/TB時L3キャッシュTDP対応メモリ
Core i3-8121U2/42.20GHz/3.20GHz4MB15WDDR4-2400
LPDDR4-2400
(最大32GB)

なお、Appleの製品ではUシリーズは「MacBook Pro 13インチ」や「MacBook Air」に採用されていますが、同CPUを搭載したアップデートモデルが発表されるのかは不明です。

また、同じ「Cannon Lake」のYシリーズのCPUである「Core M3-8114Y」関する情報も出てきており、Yシリーズは「MacBook 12インチ」に採用されているので、こちらも気になるところです。

 コア数/スレッド数動作周波数/TB時TDP
Core M3-8114Y2/41.50GHz/不明4.5W

[via ASCIIwccftech

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな40代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。