Apple、「Apple Watch Series 2 (42㎜モデル)」のバッテリーが膨張した場合は無償修理で対応

MacRumorsによると、AppleがApple StoreやAppleの認定サービスプロバイダに対し、電源が入らないかバッテリーが膨らんでしまった「Apple Watch Series 2」の42㎜モデルを無償で修理するよう指示している事が分かりました。

これはAppleがApple StoreとAppleの認定サービスプロバイダに配布した社内文書から明らかになったもので、この新しいサービスポリシーは北米と欧州、メキシコで発行されていることが確認されていますが、他の国々でも同様の対応が行われるものと予想されます。

また、「Apple Watch Series 2」の42㎜モデルのみが対象となっており、同38㎜モデルや「Series 1」及び「Series 3」は対象外となっています。

ただ、現在のところ日本での実施などは確認出来ていない為、「Apple Watch Series 2」の42㎜モデルで電源が入らなくなったり、バッテリーが膨張してしまった場合は、取り敢えずApple StoreやAppleのサポートなどに問い合わせてみることをオススメします。

なお、Appleは過去に初代「Apple Watch」でバッテリーが膨張するとの報告例があったことから、同モデルの保証期間を1年から3年に延長しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。