Apple、「macOS High Sierra 10.13.4」で32bitアプリの互換性に関する警告を表示開始

9To5Macによると、Appleが本日より「macOS High Sierra 10.13.4」で32bitアプリを起動した際(初回時のみ)に互換性に関する警告の表示を開始したことが分かりました。

同様の警告は「macOS High Sierra 10.13.4」のベータ版では以前より開発者向けに表示されていましたが、今回、一般ユーザー向けにも表示が開始されました。

警告のダイアログボックスは「OK」ボタンをクリックすることで閉じることが可能で、アプリもそのまま利用することが可能ですが、将来的に32bitアプリのサポートが完全終了となることが予想出来ます。

なお、macOS向けアプリについては、2018年1月から「Mac App Store」に新規に提出するアプリは64bit対応が必須条件となっており、既存のアプリやアップデートについても2018年6月から64bit対応が必須条件になる予定です。

AppleはmacOSでの32bitアプリのサポート終了時期をまだアナウンスしていないものの、2019年あたりにサポート終了となることが予想されています。