Apple、「Pride」パレードに合わせて「Apple Watch」の限定文字盤を提供か

Appleは数年前から6月にサンフランシスコで開催される同性愛パレード「Pride」に参加し、昨年はそれに合わせてLGBTの社会運動を象徴するカラーである「レインボーカラー」のウーブンナイロンバンドを期間限定で販売していましたが、9To5Macによると、今年は「Pride」パレードに合わせて特別な「Apple Watch」の文字盤が提供される予定であることが分かりました。

これは本日リリースされた「iPad (第6世代)」向けの「iOS 11.3」のシステムファイルから明らかになったもので、「ribbons of pride」という名称の文字盤に関する記述が見つかっており、「watchOS 4.3」のリリースと共に利用可能になるのか、「Pride」パレードに合わせて利用可能になるのかは不明なものの、提供に向けた準備が進められていることは確かなようです。

なお、今年のサンフランシスコでの「Pride」パレードは6月23日〜24日に開催される予定です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。