Twitter、ルール違反でアカウント凍結となった場合にその理由をより具体的に案内へ

本日、Twitterが、ルールに違反したことでアカウントが凍結になった場合、どのツイートがどのルールに違反しているのかをメールでより具体的に連絡することを案内しています。

今後は、Twitterのルールに違反してアカウントが凍結された場合、その理由を説明するメールがアカウントの持ち主に送られ、メールには違反したツイートのプレビューと共に違反内容などが掲載されており、どのツイートがどのルールに違反しているのかが具体的に分かるようになっています。

また、異議申し立てを行うためのリンクもメールに記載されており、そこからアカウント凍結措置に対して異議申し立てを行うことが可能です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。