経済産業省、モバイルバッテリーを電気用品安全法の規制対象に

本日、経済産業省が、「電気用品の範囲等の解釈について」を改正し、今後、モバイルバッテリーを電気用品安全法に基づく規制対象にすることを発表しました。

これまでリチウムイオン蓄電池が組み込まれたポータブルリチウムイオン蓄電池(モバイルバッテリー)は、規制対象外として運用されてきましたが、近年、事故が増加傾向になることを踏まえ、規制対象とすることに決定したとのこと。

これにより、モバイルバッテリーの製造及び輸入事業者には、技術基準に適合していることの確認や、検査記録の保存などが新たに義務付けられる他、販売事業者にはPSEマークが付されたものの販売が義務付けられますが、市場への影響が考慮され、1年間の経過措置期間が設定されています。

なお、経過措置期間が終了する平成31年2月1日以降は、技術基準等を満たしたもの以外は製造・輸入及び販売はできなくなります。

[Thanks! S.Tさん]

スポンサーリンク