「iPhone X」の生産量半減報道に対し、村田製作所の副会長「そんなに大きな数字ではない」

先日、Appleが「iPhone X」の1〜3月の生産量を当初の計画から半減させるようだとの報道がありましたが、この報道に対し、村田製作所の藤田能孝副会長が「私どもの認識ではそんなに大きな数字ではない」と述べていることが分かりました。

先日の報道では、Appleは発売当初は「iPhone X」の1〜3月期の生産目標を4,000万台以上としていたものの、年末のホリデーシーズンの販売が予想を下回ったことから、1〜3月期の生産量を半分の約2,000万台に引き下げることを決定し、既に各種部品を納入する国内外のメーカーに通達済みとのことでした。

村田製作所の藤田能孝副会長はこの生産量半減報道に対し、「きょうの報道は私どもの認識している数字とは違うが、業績予想にはそういうことも織り込んでいる」と述べ、同社の業績予想に影響はないとの認識を示したそうです。

副会長の話から半減というのは少し大げさのかもしれませんが、減産であることは間違いなさそうです。

[via ロイター

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。