「HomePod」の対応言語、発売当初は英語のみ

昨日、Appleは「HomePod」を米国・英国・オーストラリアの3カ国で2月9日に発売することを発表しましたが、MacRumorsによると、「HomePod」の対応言語は発売当初は英語のみであることが分かりました。


これは開発者のGuilherme Rambo氏が明らかにしたもので、「HomePod」を「iPhone」でセットアップする際に選択出来る言語は”英語”のみとなっています。

このことから、もし「HomePod」を米国などで購入し、未発売の国に持ち帰った場合、スピーカー自体は正常に機能するものの、「Siri」の対応言語は”英語”のみに限られ、多言語への対応は将来のソフトウェアアップデートで行われるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事