NTTドコモ、契約中のパケットパック等でデータ通信が可能になる「パケットパック海外オプション」を3月15日から提供開始へ

本日、NTTドコモが、ユーザーが契約しているパケットパックなどのデータ量を24時間980円で海外でも利用出来る「パケットパック海外オプション」の提供を2018年3月15日より開始することを発表しました。


ユーザーは、本オプションサービスを申込み後に、専用アプリなどを通じ、海外で利用開始操作を行うと、定額980円で利用になれるもので、利用開始操作から24時間の利用データ量が国内のパケットパックなどのデータ量より消費され、24時間経過後はパケット通信が自動で停止されるため、使い過ぎの心配がないのが特徴です。

また、「海外パケ・ホーダイ」および「海外1dayパケ」における現在提供中の対象国と地域数も2018年3月15日(木曜)より205に拡大するとのこと。

なお、本オプションサービス提供開始に伴い、「海外1dayパケ」は、2018年3月14日をもって新規申込みの受付を終了し、新規受付の終了までに「海外1dayパケ」を契約しているユーザーは、2018年3月15日以降も引き続き利用可能です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事