NTTドコモ、契約中のパケットパック等でデータ通信が可能になる「パケットパック海外オプション」を3月15日から提供開始へ

本日、NTTドコモが、ユーザーが契約しているパケットパックなどのデータ量を24時間980円で海外でも利用出来る「パケットパック海外オプション」の提供を2018年3月15日より開始することを発表しました。

ユーザーは、本オプションサービスを申込み後に、専用アプリなどを通じ、海外で利用開始操作を行うと、定額980円で利用になれるもので、利用開始操作から24時間の利用データ量が国内のパケットパックなどのデータ量より消費され、24時間経過後はパケット通信が自動で停止されるため、使い過ぎの心配がないのが特徴です。

また、「海外パケ・ホーダイ」および「海外1dayパケ」における現在提供中の対象国と地域数も2018年3月15日(木曜)より205に拡大するとのこと。

なお、本オプションサービス提供開始に伴い、「海外1dayパケ」は、2018年3月14日をもって新規申込みの受付を終了し、新規受付の終了までに「海外1dayパケ」を契約しているユーザーは、2018年3月15日以降も引き続き利用可能です。

スポンサーリンク