トヨタ、米国向けの一部車種で「Amazon Alexa」をサポートへ

本日、開催中の「CES 2018」で、トヨタが今年後半にAmazonのAIアシスタント「Amazon Alexa」をサポートすることを発表しました。


「Amazon Alexa」のサポートは米国向けの一部の車種から開始される予定で、新たなハードウェアの必要はなく、一部車種の2018年モデルで車載情報アプリ(Entune 3.0 App SuiteとLexus Enform App Suite 2.0)をアップデートし、「Alexa」に対応させるようです。

また、2019年からは他の車種でも「Alexa」をサポートする予定で、ドライバーは音声コマンドで最新ニュースを聞いたり、インフォテインメントシステムを操作したり、予定やショッピングリストを入力したりすることが可能な他、自宅のスマートホームデバイスとも連携させ、車の中から音声コマンドで家のエアコンを点けたりすることも可能。

なお、日本での「Alexa」サポートについては、現時点で何も発表がなく、サポートするのかどうかは不明です。


[via TechCrunch

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事