Microsoft、「Xbox One X」の国内販売を開始

本日、日本マイクロソフトが、「Xbox One」ファミリーの上位機種である『Xbox One X』を発売しました。


同製品は、「Xbox One」および「Xbox One S」と互換性を確保しながら、大幅にパフォーマンスを向上した「Xbox One」シリーズの最上位機種で、6テラフロップのGPUや12GBのGDDR5 RAM、2.3GHzの8コアカスタムCPUを搭載し、HDDは1TBとなっています。

さらに4K Ultra HD Blu-ray対応の光学ドライブも搭載し、UHD BDの再生が可能で、Netflix、Amazon、Huluなどの4Kストリーミング映像配信にも対応しており、価格は49,980円となっています。

また、『Xbox One X』の発売を記念し、昨年発表時点のコードネーム「Project Scorpio」のロゴとドットパターンによるグラデーションを施したスペシャルデザインの本体と「Project Scorpio」のロゴを中央に配したコントローラーおよび「Xbox One X」専用縦置きスタンドを同梱した『Xbox One X Project Scorpio エディション』も数量限定で49,980円で販売されます。

 ・公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で