Apple、「macOS High Sierra 10.13.1」を正式にリリース

本日、Appleが、「macOS High Sierra 10.13.1」を正式にリリースしました。

「macOS High Sierra 10.13.1」では「Unicode 10」で追加された70種の新しい絵文字が搭載された他、Apple Pay取引中にBluetoothが利用できない場合がある問題やSpotlightがキーボード入力を受け付けない場合がある問題が修正されています。

また、“メール”内でのMicrosoft Exchangeメッセージ同期の信頼性が向上しています。

なお、「macOS High Sierra 10.13.1」へのアップデートはMac App Storeの設定より可能です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。