Apple、来年発売の「iPhone」と「iPad」ではQualcomm製チップを不採用か

WSJが、関係筋の話として、Appleは来年発売する次期「iPhone」と次期「iPad」では法的な争いが激化しているQualcommの部品を使わない方針のようだと報じています。

AppleとQualcommは特許とライセンス料を巡って争いを続けており、Appleは2018年に発売する次期「iPhone」と次期「iPad」について、Qualcommの部品を廃止する前提で開発しているそうです。

AppleはQualcommの代わりにIntelのモデムチップを採用することを検討している他、MediaTekのモデムチップを採用する可能性もあるとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。