「iPhone 8」の推定部品コストは約247ドル

Bloombergによると、市場調査会社のIHSが調査した結果、「iPhone 8」の64GBモデルの推定部品コストは247.51ドル(約27,600円)だった事が分かりました。

同モデルの米国での価格は699ドルで、部品コスト(ソフトウエアや研究開発などのコストは含まず)は販売価格の約35%となっており、昨年発売された「iPhone 7」の32GBモデルとほぼ同じ水準となっています。
(「iPhone 7」の32GBモデルの販売価格は649ドルで、部品コストは237.94ドル)

また、「iPhone 8 Plus」の64GBモデルの推定部品コストは288.08ドルで、「iPhone 7 Plus」の270.88ドルから約18ドルほど増加しています。

なお、「iPhone 8/8 Plus」で最も高価な部品はディスプレイとメカニカル・エンクロージャー(筐体)だそうで、更にストレージの基本容量の拡大で6ドル、「A11 Bionic」チップの採用で5ドル程度、「iPhone 7/7 Plus」に比べ部品コストが増加しているそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。