米Intel、第8世代Coreプロセッサのデスクトップ向けモデル「Coffee Lake」を発表

本日、米Intelが、デスクトップ向けの第8世代Coreプロセッサ(コードネーム:Coffee Lake)を正式に発表しました。


同プロセッサは14nm++プロセスを採用して製造され、第8世代Coreプロセッサはモバイル向けは先月に発表されていましたが、遅れてデスクトップ向けが発表された形になります。

今回発表されたのは下記画像の6モデルで、これ以外のCore iシリーズやPentium/Celeronグレードは来年前半のリリース予定です。

なお、デスクトップ向けは最大6コア/12スレッドとなり、Core i7/i5モデルではDDR4-2666メモリに対応し、PCI Expressレーン数もこれまでの合計24レーンから合計40レーンへ(CPUから16レーン、チップセットから24レーン)と拡大されています。



 ・ニュースリリース(英語)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事