Twitter、140文字を超える長文ツイートを分割してまとめて投稿出来る機能をテスト中

Twiterの文字数は140文字までとなっていますが、同社がAndroid向け公式アプリで140文字を超える長文のツイートを分割して作成でき、まとめてツイート出来る機能をテストしている事が分かりました。


テストはごく一部のユーザーに対して行われており、そのツイート作成画面と投稿時の様子を撮影したスクリーンショットが下記画像で、長文のツイートを続けて入力すると自動的にスレッド風に分割され、ツイートボタンを押すとまとめて投稿してくれるようになっています。

現在の仕様では、140文字を超える長文のツイートを行う場合、1つのツイートを投稿してから、その続きを入力して投稿する必要があり、ツイート間でタイムラグが生じてしまう為、その問題に対処する為の機能となっています。

ただ、あくまでテスト段階の為、正式に提供されない可能性もあります。



[via 9To5Google

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事